シミトリーには副作用があるの?肌への刺激になる原因とは

Pocket

シミトリーには副作用ってあるの?

オールインワンで美白ケアもできるって

とても便利だけど、成分の肌への刺激が心配。

そんなあなたのために、シミトリーの副作用について、調べてみました。

シミトリーの副作用で心配な症状

シミトリーに限らず、化粧品の副作用って心配ですよね。

化粧品を使った後の、肌のトラブルと言えば

ニキビのような吹き出物が大量にできる、ピリピリして赤みが出る

粉を吹くように乾燥する、かゆい、などと言った症状があります。

せっかく、キレイになりたくて購入した化粧品なのに

逆に肌が荒れてしまっては、ガッカリしてしまいますよね。

シミトリーが原因の副作用とは限らない

肌荒れの原因が、シミトリーの副作用とは限りません。

なぜなら、使う人の肌質によって、化粧品の使用感は違うからです。

例えば、オイリー肌の人が、油分が多めの化粧品を使えば

肌が潤う以上に、ベタベタとした質感が気になるでしょう。

逆に、ひどい乾燥肌の人が、保水力の少ない化粧品を使えば

スキンケアをしたばかりなのに、肌がカサカサするという事もあるでしょう。

シミトリーを使う前に、自分の肌が新しい化粧品に対して

過敏に反応してしまうくらい弱っていないか?

洗顔後によく観察してみましょう。

シミトリーは副作用の原因になるような成分は無添加

シミトリーを使う前の肌に問題がなくても、副作用が出るような

成分が含まれていないか、気になりますよね。

化粧品には、肌のケアには必要がないのにも関わらず

添加物が配合されている事がよくあります。

スキンケアをしてる時に、化粧品から良い香りがして癒されたり

逆に、臭いがキツイなぁ、なんて思った経験はないですか?

これは香りを付けるための、添加物を配合しているか、していないかの違いです。

さらに、大容量でなかなか減らない化粧品に

カビが発生したり、色が変わったり、異臭を放ったりしないのは、なぜでしょうか?

それは、化粧品の品質を長く維持するための、添加物を含んでいるからです。

こういった添加物は、肌のケアのために入っている物ではないため

敏感肌の方には刺激となって、肌荒れの原因になる事があります。

ですが、シミトリーは、余計な成分が無添加で、肌への刺激が少ないのが特徴です。

スキンケアをしながら、肌を傷めつけるという事はありません。

シミトリーの使用で副作用が出る可能性は低い

シミトリーには、副作用の原因となる成分が含まれていません。

また、敏感肌の方でも使えるように考えられた化粧品です。

添加物や、肌への刺激が強い成分を使って、作られた化粧品と比べると

副作用が出る可能性は低いと考えられます。

もしも、自分の肌に合うかどうか、心配という場合は

顔に塗る前に、服で隠れる腕の部分で、パッチテストをして

問題がない事を確認してから、顔に使うのがおすすめです。

シミトリーの購入はこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする